テレビや雑誌で「○○は健康にいい」という情報を見ない日はないといっても良いでしょう。
また、そういう情報を耳にしたり目にしたりすると、スーパーなどからその食品があっという間になくなってしまうという光景も良くご存知だと思います。

昨今はそのような健康ブームが世の中をにぎわしていると思います。
当然、健康食品も急成長を遂げている産業だということが出来ます。
数ある健康食品の中でも青汁は代表的なものといっていいのではないでしょうか。

青汁は、昔から一般的にのまれていたというものではありません。
CMの宣伝効果で一気に世間に広まって言ったものだと思います。
そんな青汁の市場は500億円と言われています。

また、前年比2桁で伸び続けているそうです。
青汁のバリエーションも増え、製造するメーカーも増えていますから、この傾向はしばらく続くことでしょう。
いつまでも健康でいたいと考える人は多いでしょうし、将来年金をどれだけもらえるかわからないような状態ですから、自分のみは自分で守ろうと考える人も増えているのかもしれません。

野菜不足が叫ばれていますから、青汁を試してみようかと思う人が多いのではないでしょうか。
青汁は数ある健康食品の中でも気軽に試してみることができる商品のひとつです。
日常生活の中で野菜不足を気にしている人は青汁が定着しているようです。

もちろん、青汁の効果は個人差がありますし、味も好みがあります。

周りの人を見てみましょう。
すべての人が青汁を飲むようになるわけではありませんが、誰かが飲んでいると思います。
健康食品の市場は青汁だけではありません。

グルコサミンやセサミンも人気の高い健康食品です。
多くの人が1種類の健康食品だけとっているのではなく、2種類、3種類と複数のものを利用しています。
それぞれが市場を取り合っているのではなく、相乗効果で市場が広がるのでしょう。

今後の市場展開によって、新しい青汁商品がもっともっと登場することでしょう。
お好みの青汁が増えるかもしれないですね。