青汁を過信することは決してしないようにしてください。
わかっていることではあると思いますが、青汁を飲むのはあくまでも、「補助」として考えましょう。
通常の食事が「主」であることを忘れないで下さい。

主である食事がおろそかになっていると、たとえ青汁で栄養分を多少補ったところで、かえって悪い影響のほうが大きくなります。
ダイエットと意気込んで、食事もろくに食べずに青汁を飲んだり、青汁を飲んでいるから、ちょっと暴飲暴食しても大丈夫などと考えないようにしてください。
食事を基本にしない乱れた生活を送る。

これでは大丈夫なはずがありません。
そもそも、青汁は本当に効いているかどうかがわかりにくいので、いまだ正式に薬のように利用されていないという側面もありますので、過信しすぎるのは危険です。

ただ、これは青汁のような健康食品のさだめでもありますし、もし薬のような即効性があれば、薬品として取扱れているはずです。
ですから、青汁をサプリメント的な意味合いで、日々の食事の補助的食品として考えましょう。