厚生労働省も、妊娠中に葉酸を摂取することをすすめています。
葉酸は、妊娠して1ヶ月くらいから、3ヶ月くらいまでの期間に摂取するとよいと言われています。

妊娠1ヶ月なんて気づきにくいし、わからないかと思いますが、「妊娠したかも?」、産婦人科で「妊娠おめでとうございます」と言われたらすぐに葉酸を摂取するようにすればよいのではと思います。

この葉酸は、ビタミンBの仲間で、妊娠初期に摂取することで、「二分脊椎」や「無脳症」などといった、胎児の先天的な病気(神経管閉鎖障害)の予防になります。
妊婦さんが、この葉酸を摂取するだけで、このような神経管閉鎖症のリスクが減ります。

ですので、葉酸の入っている青汁を積極的に飲みましょう。
ちょっと待ってください!
ただし、葉酸を積極的に摂取することは、お腹の中の赤ちゃんにはとても良いことなのですが、大量に摂り過ぎると悪い影響が出てきます。

葉酸の1日の摂取量は1mg以下を超えないように呼びかけられています。
この1日の摂取許容量を超えてしまうと、胎児が喘息になったり、妊婦さんが発熱したりといったリスクが高まります。
葉酸がお腹の赤ちゃんに良いからといって、一度に大量に摂取するのは危険です。

ですので、青汁に含まれる葉酸の成分量をきちんと確認して、決められた量を飲んでください。