青汁が危険だと書いているサイトをみかけることがあります。が、少々表現がオーバーな気がします。
青汁を飲むと身体に異常が出るということではなく、青汁の中の成分が自分の体質や服用している薬との相性が悪いということです。

例えば、卵アレルギーの人は卵を食べないようにするでしょうが、アレルギーのない人まで卵が危険だといって食べないことはないですよね。

もともと冷え性の人は、青汁が身体を冷やす作用があるため、飲み過ぎないとか、しょうがなど身体を温める働きをするものを加えて飲むとか工夫をすると良いでしょう。

腎臓病の人はカリウムを排出する機能が弱まっています。
青汁にはカリウムが豊富に含まれているので、適切に排出できないと血液中のカリウム量が増え嘔吐、不正脈、血圧低下などを引き起こす高カリウム血症を引き起こす恐れがります。
腎臓などの病気の人は青汁を飲むことが出来ません。

高血圧などでワーファリンという薬を服用している人はいませんか。
循環器系の病気の場合ワーファリンという薬を使用していることが多いのですが、このワーファリンはビタミンKによって効果がなくなってしまうのです。

青汁にはビタミンKも豊富に含まれているため、ワーファリンを使用している人は青汁を飲んではいけません。
青汁には血圧を下げる効果があるといわれて、家族や知人に勧められてもきちんと説明してお断りしなければならないですね。

通院して病院から処方箋を出されている人は、医師や薬剤師から説明を受けていると思いますが、自分の状態をよく知っておくことは大切ですね。