青汁と野菜ジュースといえば、どちらもいかにも健康に良さそうなイメージの飲み物ですが、はたして青汁と野菜ジュースのどちらを飲むほうがよいのでしょうか?

近年、「1日分の野菜が摂れる野菜ジュース」や飲みやすい「果汁入り野菜ジュース」などのうたい文句でスーパーなどに大量陳列されている野菜ジュースですが、実際本当に健康によいものなのでしょうか?

以前消費者センターで野菜ジュースの成分を調査した結果からみてみると、純粋な野菜ジューズは栄養成分が入ってはいるのですが、ジュースとしてパッケージングされる過程で加熱処理されるため、生野菜並みに栄養素が入っているという過度の期待はできません。

また、売れるように飲みやすく改良されているため、食物繊維も期待以上には入っていません。
(食物繊維=飲みにくい、ですので販売目的のメーカーとしては、あまり入れられないのですね)

また、飲みやすさを追求した結果の果汁入りの野菜ジュースは、はっきりいって果汁ジュースを飲んでいるようなもので、果糖がプラスされているため、健康によいというよりも、注意しないで飲み過ぎるとかえって体重が増えるということになりかねません。

カロリーも果汁ジュースなみに高いです。
そして、青汁はというとどうなんでしょうか?
はっきり言ってしまえば、青汁の方がはるかに健康的な飲み物ということです。

野菜ジュースよりもはるかに食物繊維が豊富ですし、ビタミン・ミネラルも野菜ジュースを飲むよりは多く摂取できます。
なによりも、栄養素のバランスがよいです。

ちなみに、粉末やフリーズドライの青汁よりも、生の青汁、冷凍青汁のほうが栄養価が損なわれていないため、健康を考えるのでしたら、生に近いものを選んだほうがよいようです。