青汁の主要材料としては、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉が主流になっていて、メーカー各社でそれぞれブレンドされていたり、主要材料として打ち出されていたりで、青汁メーカーのストロングポイントとして販売されています。
青汁はやはり毎日口にする、口にしたいものなのでマズければ、続けられませんし、続かなければ全く意味がありません。

では、主要材料のケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉のそれぞれの味は一体どんなものなのでしょうか?
まず、元祖青汁といえばケールですが、このケールはキャベツの原種になりますので、味や風味はキャベツに似ていますが、キャベツをワイルドにしたような独特の青臭さとエグミがあります。

一昔前までは、不味くてとても毎日好んで飲めるものではありませんでしたし、どちらかというと罰ゲームに使用されるくらいの不味さでしたが、ここ最近のものだと飲みやすく改良されています。
また、大麦若葉はイネ科の植物で、食物繊維、ビタミン類、ミネラルが豊富なことがあげられます。

大麦若葉を主原料とした青汁は、比較的飲みやすい物が多いです。
味や風味は、意外とクセがなくどちらかというと抹茶のような味と風味になります。
また、明日葉はケールよりも栄養が豊富でバランスよく含まれています。

明日葉の青汁は、明日葉独自の成分カルコンとクマリンを多く含み、女性にとって強い味方になるセルライトの除去やデトックス効果をはじめ、生活習慣病などに効果が期待できるものです。
味や風味は、独特の苦味とクセがあるので、大麦若葉や桑の葉の青汁のような飲みやすさはありません。

ただ、栄養成分を考えると例え飲みにくくても、続けることで良い効果がかなり期待できます。
また、最近の青汁は飲みやすいように各メーカーで工夫されています。
最後に桑の葉の青汁ですが、桑の葉は食後の血糖値の上昇を抑えてくれる作用があり、余分に摂り過ぎた糖の吸収を抑えてくれる働きがあります。

味と風味は、ほぼ抹茶?と思うくらいの抹茶風味です。
お茶感覚で飲みやすいので、青汁を始めたばかりの方にはおすすめできます。