ダイエット効果のほかにも、青汁にはいろいろな効果があることが知られています。

青汁は緑色野菜を絞った汁ですから、食物繊維が豊富に含まれています。また、熱処理を加えないので、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

食物繊維は胃で消化されにくく腸まで届くので、腸壁を刺激して大腸の蠕動運動を促進させる効果があります。
また、食物繊維が腸内の異物を吸着して、体外へ排出するという働きもあるので、女性の大敵である便秘の解消にも役立つのです。

ビタミンやミネラルが豊富な青汁ですが、その中に葉酸というビタミンも含まれています。
葉酸は水溶性ビタミンで貧血の予防や肌の新陳代謝を促進する働きがあります。

人間の皮膚には角質があり、一定のサイクルで新しく生まれ変わっていることはご存知だと思いますが、新陳代謝が悪くなって古い角質が残っていると黒ずんで肌をくすませたり、毛穴をふさいでにきびの原因になったりします。

そう、もうお分かりだと思いますが、便秘を解消してお肌の新陳代謝を良くすると若々しく健康な美肌を手に入れることが出来るのです。
また、最近では青汁のアンチエイジング効果も知られてきました。

青汁に良く使われるケールにはメラトニンがたくさん含まれています。
安眠効果があることで知られているメラトニンですが、若返りのホルモンとも呼ばれています。

活性酸素がしわやたるみ等、お肌のトラブルの元となり、老化を促進させていることは良くご存知だと思いますが、メラトニンは抗酸化物質として活性酸素の働きを抑制してくれるのです。

睡眠前にメラトニンを服用している方もいらっしゃると思いますが、ケールの多く含まれた青汁にもそのような効果があるのですね。