腸内環境の改善はすぐに?

確かに青汁も腸内環境を整えてくれます
善玉菌と悪玉菌、どちらでも無い菌を日和見菌と言います
青汁に含まれている不溶性食物繊維は、善玉菌の数を増やしてくれるのです

 

だから、特にサプリを飲まなくても、次第に腸内の環境は善玉菌優位と変化していきます
腸内環境を整えるサプリと、青汁どちらの方が優先度があるかと言えば、青汁といえるでしょう

 

まず、善玉菌と悪玉菌のバランスは一朝一夕でどうにかなるといったものではありません
仮に、2-3日
腸内の便を腐敗させる肉などを食べなくて、ヨーグルトをたくさん食べたとしましょう

 

そのときだけは、多少菌のバランスに変化が見られるかも知れません
ところが、劇的な変化ではないため、すぐにまた元の鞘に戻ってしまいます
つまり、腸内環境を変えるというのは、大変長いスパンの改善が必要となります

青汁が何故先なのか?

青汁を先に飲む大きな理由としては、まず溜まっている便を出すことにあります
常に腸に便がある状態だと、しばらくすると腐敗臭などを放ち、悪玉菌を増やしてしまいます
要は、便秘の状態だと、ただでさえ環境の変わりにくい腸内の細菌が、余計に変わらなくなるといった皮肉な結果となります

 

そんな時に、いくらサプリを飲んでも目に見えた効果は得られないでしょう
もし、貴方が多少お金を出しても良いというのであれば、ドラックストアーでキャベジンでも購入してみてください

 

何日飲んでも変化は無いはずです

 

このように、先に腸を綺麗にすることで、善玉菌を優位に仕向ける
だから青汁の方が先だということになるのです