妊娠中には下剤を飲まないのは常識

妊娠中の便秘で下剤を処方してください
仮に貴方が係りつけの病院で、そのようなことを言っても、まず処方してくれません
基本的に、病院では、妊娠中の便秘については、下剤を処方しないのが当たり前となっています

代わりに、酸化マグネシウムを薬として処方します
便秘薬に対して、酸化マグネシウムは、直接腸への影響は低いからです
ですから、便秘になったからと言って、ドラックストアーなどで、市販の下剤を購入して飲むのは避けたほうが良いのです
便秘を患っていない人でも、妊娠することで女性ホルモンの分泌が活発となります
それにより、腸の活動が停滞してくるのです
だから、妊娠すると同時に便秘になる人は多いのです
また、胎児自体が便の流れを悪くするのが、妊娠後期での便秘の特徴
受胎中は、いかに便を排出しやすくするのかがポイントになります

下剤による胎児の影響はあるのか?

皆さんが一番知りたいことで、胎児への影響はあるのか?ですが、今のところ下剤を飲んで何かの影響があったという話はありません
あえて言うなら、母体に対してダメージがあるといった点でしょうか
もっとも、いくら胎児への影響が無いといっても、絶対だとはいえません仮に、非常にレアなケースを想定すると、便秘によって腸や子宮が収縮された場合、胎児がそのまま押し出される可能性は無きにしろあらずです
ただ、現在そのようなケースというものが、日本の産婦人科であったのか?と言えば、おそらく無いでしょう
このように、下剤によって胎児が何らかの障害を持って生まれるといったことはあり得ないと言っても過言ではないかと思われます
しかし、妊娠中の便秘については、いくら学会での発表で胎児への影響が無いとは言え、下剤を乱用するのは控えたほうがいいのです
また、出産後、そのまま便秘を長期間患うといったケースは多々あります
効果的な方法としては、運動と食物繊維の摂取
特に、運動をすることが困難な出産間近なときは、食物繊維の多く含まれたものを摂ると良いでしょう
ただし、便秘サプリやお茶などは、下剤と同様に避けたほうが良いです